シニア男性

日頃の生活改善で認知症を予防しよう|忘れないために出来ること

体の変化が招く心身の変調

生薬

女性ホルモン低下が引き金

女性は一生の間に体の大きな変化を2回経験すると言うことができます。思春期の変化もそうですが、50歳前後に経験する閉経の前後は心身とも不安定になるものです。後者の変化に伴う心と体の不調を総合して、更年期障害と呼ばれています。更年期障害の引き金となるのは、閉経による女性ホルモンの急激な減少です。女性ホルモンは自律神経にも深く関わっているため、この急な変化に体がついていけなくなるのです。これに精神的なストレスが加わると、自律神経がいっそう混乱してしまいます。ホットフラッシュと呼ばれるのぼせや異常な発汗は、最も典型的な更年期障害の症状です。こうした体調不良を訴えて病院を受診すると、通常は対処療法の他にホルモン療法が行われます。更年期障害の症状は女性ホルモンの急な減少で起きているのですから、女性ホルモンを補うことで症状が緩和されるのです。女性ホルモンの減少に体を少しずつ慣らしていくのがホルモン療法の目的と言えます。一方でホルモン療法には、乳がんの発症リスクが増えるという問題点も無視できません。自律神経調節剤という薬もありますが、精神的ストレスが原因の場合は効果が薄いとも言われています。

東洋医学の方が好相性

こうした自律神経の乱れを原因とする症状には、西洋医学より東洋医学の方が相性も良いものです。西洋医学は内臓の病気を治すのは得意ですが、自律神経を調節するのは苦手としています。一連の症状を改善させる目的でも、自律神経調節剤より漢方薬の方が効果も高いものです。更年期障害に効くと言われている漢方薬の代表格が加味逍遥散です。この薬には血流を改善して上半身の熱を冷まし、ホルモンバランスを整える効果があると言われています。桂枝茯苓丸も同様の効果を発揮し、上半身ののぼせと下半身の冷えという矛盾した状態を解消させてくれます。日頃から貧血気味で体力の弱い人には、当帰芍薬散がよく効きます。この漢方薬に使われている当帰という生薬は江戸時代から栽培されており、血行を良くする優れた効果が期待できるのです。更年期障害では神経の高ぶりなど精神的な症状を訴える例も少なくありません。そんな人には柴胡加竜骨牡蛎湯が効き目を表します。漢方薬に抵抗を覚える人には、漢方の生薬が配合されたサプリメントを試してみるといいでしょう。高麗人参や田七人参の他、漢方では桂皮と呼ばれるシナモンも更年期障害の症状を鎮めてくれます。