葉っぱ

日頃の生活改善で認知症を予防しよう|忘れないために出来ること

便秘解消やダイエットに

女性

ミドリムシは動物と植物の中間のような生物で、その体には豊富な食物繊維を含んでいます。さらに腸内の善玉菌を増加させる働きがあるので、便秘解消に効果を発揮します。また、ミドリムシに特有のパラミロンは脂肪を吸着する作用を持つので、ダイエット効果もあるとされています。

もっと読む

いろいろな事をする

男女

老化による物忘れと認知症は全く違うものですから、どういった部分でわかるのか知っておく必要があります。それは物忘れをした場合に顕著にあらわれるので、判断の材料にする事が大事になってきます。単なる物忘れならふとした事で思い出す事がありますが、認知症の場合はそういった体験自体を忘れてしまいます。また判断力も非常に重要なポイントで、認知症の場合は買い物の際にお金を上手に渡せなくなったりします。家族などにちょっと気になる行動をする人がいる場合には、こういった部分を知っておくとすぐに治療を開始出来ます。診察してもらいたい場合に何科に行けば良いのか迷ってしまいますが、心療内科や脳外科や神経内科などで行ってもらえます。

認知症の予防は様々な工夫をする事で予防につながる事がわかっているので、積極的に行っていく事が重要です。まず認知症になりにくい食事があり、これは成人病の予防にもつながる食事だといえ、特に和食に必要な栄養素が含まれています。DHAやEPAは動脈硬化を防いでくれるのですが、認知症の予防にも大変効果的な事がわかっています。大豆製品やシイタケなどのキノコ類も、認知症予防に大変良い効果をもたらしてくれるので、積極的に摂りたい食材です。また生活の中に趣味を取り入れると認知症になりにくいので、ゲームや料理や園芸など、何か夢中になれるものがあると良いです。頭を使いながら手を動かしたりする動きは脳の働きに良い効果があるとわかっているので、ぜひ生活に取りいれましょう。

おすすめの健康サプリ

シニア男性

ユーグレナは植物の性質と動物の性質を併せ持っており植物性の栄養素と動物性の栄養素を持っています。さらにユーグレナには細胞壁がないので人間にとって効果的に栄養を吸収できます。パラミロンという成分によって体内の不要な成分を吸着し捨ててくれる効果が期待できます。光合成によって二酸化炭素を吸収してくれます。

もっと読む

体の変化が招く心身の変調

生薬

50歳前後の女性が経験する閉経など体の変化に伴って、心身にさまざまな不調が発生します。更年期障害と呼ばれる症状の多くは自律神経の乱れに起因しており、女性ホルモンを補充する治療が行われています。自律神経を調節する治療はむしろ漢方薬の方が得意としており、加味逍遥散や当帰芍薬散などが症状改善に役立ちます。

もっと読む